♪ プロフィール(運営者情報)

T.Ishikawaと申します。長野市に住んでいます。
関数型言語Haskellでおもちゃプログラムを開発しています。

現在注力しているのは、速読・精読を可能ならしめるPDFリーダー(poppyS)です。

ソフトはこちら

自然言語にもシンタックスハイライト的な何か(着色)を試みるものです。

文法的に視認性が最大となる自然な単位を発見しました。

テクノロジの力(自然言語処理、構文解析)を活かして、

難しい文書、読む気すら起こらない文書を攻略します(速読・精読)。

詳しくは技術書を自作PDFリーダーで読む - Haskellでつくる不思議な読書体験 (1)を参照ください。

poppySPR

Acrobat Reader(Adobe社)や、Kindle(Amazon社)等とはひと味違った読書を可能とします。
各読者が自分のホームグラウンドとする分野の速読・精読だけではなく、アウェイな分野の精読をも容易とする技術です。

例えばソフトウェアエンジニアが法律書・医学書を読んだり、医者が情報科学の専門書を読んだりとかです。門外漢な領域にズカズカと入っていけます(もちろん本技術が得意・不得意な分野(文書の形態)はあります。そのあたりも研究中です)。

まだまだ未完成ですが、GitHubでソースを公開中です。
https://github.com/polymonyrks/poppyS/blob/master/READMEJP.md
ご興味のある方は上記ページをご参考にインストールして試してみてください。

この技術が普及すれば、科学技術に大きく貢献できることを確信しています。

また、プログラミング教育で題材にするのも有効だと見ています。

ただしどう普及させるのか、アイデアに窮しています。

現状は上記技術書(同人誌)でソフト紹介したりHaskellプログラミングの教科書ネタに使ったりして、技術の有効性を世に問う活動を進めています。が、何か他にも手だてがあるかとみています。

この技術、面白いなと興味もたれた方、技術の普及に協力くださる方(営利企業の方、教育関係者の方など)、ご連絡ください。

以上、よろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする