不思議な読書 -擬似体験

不思議な読書を疑似体験できるスライドを用意しました。是非ご参考にしてください。Docker Engine ユーザガイド〜基礎編v.11-beta1(Docker Docs Translation Ja-Jp Project.)になります。(不思議な動画はこちら)

スライドは以下の三種類用意しています。

  • 不思議な読書の擬似体験
  • ふつうの読書体験
  • semi不思議な読書の擬似体験

1つ目が本記事の目的のスライドです。2つ目は白黒になっています。3つ目は1つ目に似ていますが不思議さが弱いです。

本来は読者ご自身がご自身の把握するルールに基づいて着色しないと不思議な読書体験はできない、むしろ逆効果になるのですが、ここでは以下のルールで着色していると、了解した上で読み進めることで、擬似的に不思議体験できると期待します。

  • ルール1:「Docker」は
  • ルール2:「コンテナ」は
  • ルール3:途中でが多くなったので見分けるために
  • ルール4:「イメージ」は
  • ルール5:「レジストリ」は

 

 

1.不思議な読書の疑似体験

左右にスワイプするとページ送りできます。(p.13、少し表示がバグってたので後で直します。)

Slider

 

 

 

以下は何も色を付けていないVanilla版です。見比べてみてください。

2. ふつうの読書体験

Slider

 

 

 

最後がsemi不思議な読書擬似体験です。これは一見不思議な読書体験と同じですが、「自然な単位」で着色されていません。単語がどこにあるのか探すのには適していますが、読みやすくするという観点ではいかがなものか、みなさんも考えてみてください(こちらのほうが読みやすいという人もいるかもしれませんね)。

3. semi不思議な読書の疑似体験

Slider

以上、不思議な読書の疑似体験でした。

Haskellで書かれたソフトウェアを導入すれば、本来の不思議体験が可能です。読書中にマウスクリックで色指定可能など、不思議読書のためにチューニングされたギミックが満載です。

さらに上記ソフトウェアはオープンソースになっているので、Haskellプログラミングを覚えれば読者ご自身にあったチューニングが出来、更に面白くなります。

上記着色例はArt of Coloring Readingの一つになります。他にも着色戦略はいくつかあります。

技術書典9向けに執筆した本(技術書を自作PDFリーダーで読む - Haskellでつくる不思議な読書体験)に詳しく書きましたので、そちらもよろしくおねがいします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする