popilizerベータの公開と大きな野望①

先日、半透明ボタンとリモートサーバーが大事と言ってましたが、どちらもやれました。

アドレス欄を参照ください。localhostやLocalIPでなく、ドメイン名(popilizer.com)になってます(先日のはこれ)。これがやりたかった。これで外出先でWikipediaに色づけして遊べる。

さらに今後の布石として考えていたスマホ展開も出来る。こうなってくるとほかのブラウザでなく、自前のChromiumをもっておいた方が良さそうですね。ストアでボタンぽちでインストールできてそのまま動かせる。普段使ってるChrome上でWikipediaにアクセスしようとするとそのアプリに切り替わる、この利便性が普及の観点で大事です。

他のChromiumブラウザを入れて、そこにさらにChrome拡張を入れる、これはかなりの手間。たぶんやる気にならない。よほど技術がメジャーになっていれば話は別ですが、この技術はそうではない。

なので、現状の路線にさらにChromiumをなんとかする計画を入れます。ReactNativeでやろうとしていたことを考えると、楽だと思ってます。HTMLのレンダーはやはりそれに特化したアプリ(ブラウザ)に任せるべき、餅は餅屋。思いの外、計画が前倒しで進んでいる感があるので、悪くないです。

サーバー立ち上げるの、初めてやれたので感動しています。popilizer.comというドメインを設定できたのも。このサイトのドメインはxserverの画面からよくわからず設定した感じだったので、自分で一からやれたのが大きかった。力の向上を実感できる。新しいことに常に挑戦していたいです。

ベータの公開(chrome拡張)

今のベータ状態でも使ってみたい人向けですが、popilizerレポジトリのcrxファイルがchrome拡張です。これをPCのChrome、もしくはAndroidのChromiumベースのブラウザ(私はKiwi Browserを使っています)、で登録し、Wikipediaページを閲覧しにいけば勝手にpopilizer.comに転送されて上の画像のように半透明ボタンが下部に現れます。

右側がリンク箇所の表示(クリック有効)と非表示(クリック無効)のトグルです。転送時のデフォルトはリンククリックは無効です。

左側は着色する色について、順方向にトグル(ボタンが青になる)、現在の色を保持(ボタンがグレーになる)、逆方向にトグル(ボタンが赤になる)、という設定が出来ます。デフォルトは順方向です。なぜこのボタンが必要かはある程度使いこなすと分かってきますので、いろいろ実験してみてください。

ただし、これは全く完成系ではないです。少なくとも下に挙げている要素がそろわないとぜんぜん効率的に読めないです(poppySのレベルには持って行く必要がある)。なので、遊び半分くらいでお願いします。せっかくの技術が過小評価されるのは避けたいです。ほう、リアルタイムに色を変えて読むってこういうことか、というのは体験できます。逆に言えば、この20210411の段階を体験しておいて、アプデがかかる度に読みにくさが読みやすさに変わっていくのを体験できるかもしれません。着色しながら読むのはそれくらい絶妙なバランスが必要になってきます。多色を使うことで表現する次元数は上がりますが、うまくやらないとエントロピーが上がるだけで終わってしまいます。長くなりましたが、今は極めて未熟な状態です。とくにGUIが追い付いていない。(★1)

仕様は随時変更されるのであくまで20210411時点でのものです。サーバーも落としているかもしれません。ダークモードは使わないでください。現状ではリンクの下線(黒色に固定)とかが消えてしまっています。この辺りPCだとダークモードは使えないし、スマホだとダークモード使いたいし、というので対応が必要です。ってモバイルページかどうかで判定すればいいのか。やってみます。

思いつくだけでも、以下の改善の必要性が分かっています。やることはまだまだ多いですね。poppySにあった機能の移植も全然終わっていません。

  • 画像の下の下線削除
  • モバイルページ時の画像消えの原因追求
  • 着色設定配列の用意
  • Vanillaモードトグル、着色設定全削除ボタン
  • プリセット対応(日付とか)
  • 着色されない領域の存在の原因追求
  • ヒントモードの搭載
  • 構文解析の洗練(parserを少しいじる)
  • セクション等の表題の色を統一
  • ダークモードの最適な色
  • タイトルにアクションの結果を表示
  • ボタンの位置、表示方法(目のじゃまにならないやり方、色)

大きな野望(A.I.適用の実験場(小説)の提供)

これで、HTMLに対して、つまり全Webページに対して適用する野望が整いつつあります。落ち着いたところで、HTMLでサービス展開している会社さんにアプローチしたいですね。論文絡みもPDF路線ではなくHTMLに収斂するシナリオも十分にあると思っているので、後者もカバーできそうなのは大きい。

青空文庫も対応してみたいのですがShift-Jisなんですよね、、なので後回しです。まずはWikipedia。

小説も面白いというのは分かっているんですけどね。いわゆるA.I.の実験場にもできる。

すなわち、「登場人物の同一性」、というのが面白いはず。

ある文書の登場人物を色分けしておくと視認性がかなり上がるというのは小説以外にも効果が確認できています。例えば契約書とか訴状とか。これを自動でやる。今のは完全一致に少し毛の生えた判定で着色しているのですが、これを最新のA.I.の力で自動で。

AさんがBさんに対して、「あなたは間違っている。」と言った。その後で、BさんがAさんに対して「いやいや、あなたが間違っている」と反論した。この「あなた」、というのをA.I.のちからを使えば色分けできるはずです。これは一例ですが、面白いネタだと思いますよ。ポテンシャルが大きい。

応用先があると研究スピードが大きく向上しますからね。そういう場を提供する意味でも、科学技術の発展に貢献できそうと思っています。早くインフラ部分を整備したいです。

(★1)

なくなって初めてその重要性に気付いたって機能、ありますね。それも特許にしておきたい。正確には特許出願してるけどもう少し具体的な形でとっておきたい。優先権は使えない。うむむ、再出願か、自発明ではねられそうだな、最近公開されたのが徒になってる。うむむ、、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする